アルミサッシの防水

こんにちはタジマです。

今回はアルミサッシの防水処理のお話です。

アルミサッシ取付前に行う防水処理ですが、外壁仕上げ前の状態で、
最初の防水処理をします。

まず専用シートと専用の防水テープでサッシ下部に施します。
これをすることでサッシ本体角部のパッキンからもし室内に水が侵入しても、
外へ流れていくように施工します。

こんな感じでサッシが納まりますね。
仕上がると見えなくなってしまう部分ですが、とても重要な部分です。

外側はサッシまわりに両面の防水テープを貼りその上に
防水透湿シートをかぶせるように仕上げます。

外壁が仕上がった後ももし中に雨水が侵入しても室内側に入ってこないよう施工しています。

この段階で雨水が入ってこないことがとても重要ですね(^ ^)

田島建築では、デュポン社のタイベックシリーズを使用しています。

気になる方は是非見に来てください(^ ^)

関連記事

最近の記事

  1. 2019.11.9

    Next plan
  2. 2019.09.19

    台風が、、、
PAGE TOP